豊胸手術でバストアップ‐お悩み解消‐

バストアップと女性ホルモン

ここでは女性ホルモンのことについて少し説明していきたいと思います。

女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンの2種類があり、この2つがバランスを保ちながら分泌されています。

エストロゲン、子宮で受精卵を受け入れる準備をしたり、女性らしい体を作ったり、肌の新陳代謝を高める働きがあります。

プロゲステロン、エストロゲンの働きを補い、月経周期の維持や出産準備の機能を整えます。

女性ホルモンと言うだけに、女性らしい体作り、バストアップには欠かすことのできないホルモンです。

思春期から成長期にかけてこの女性ホルモンが多く分泌され、バストが大きくなります。
もしもこの時期に過激なダイエットやストレスなどで女性ホルモンの分泌が減少してしまうと、バストも大きくなれないのです。
女性ホルモンの分泌が多くなると、バストだけでなく体にも脂肪はつきやすくなりますが、あまり気にせずしっかりと栄養は摂るようにしましょう。

また女性ホルモンの分泌は20代から30代でピークを迎え、その後は年齢とともに減少し、50歳頃からは急激に減少していきます。
バストアップを望むなら、出来るだけ早いうちにバストアップ対策をしましょう。

あと短絡的にバストアップには女性ホルモンが良いから、ホルモン注射をしたら豊胸出来るのではないかと思ってはいけません。
ホルモン注射による女性ホルモンの注入は、子宮がんの危険性もありますので、あくまでも自然な形で女性ホルモンの活性化を図りましょう。

Copyright © 豊胸手術でバストアップ‐お悩み解消‐. All rights reserved