豊胸手術でバストアップ‐お悩み解消‐

鶏肉でバストアップ

某バラエティー番組で、巨乳のグラビアアイドルに共通の好物が、鶏肉である事がとりだたされていました。
その為、鶏肉に豊胸効果があるのではと注目を集めているそうです。

鶏肉には、血液や筋肉を作るのに欠かせないたんぱく質が多く含んでいます。
鶏肉に含まれるたんぱく質は消化吸収がよい良質のたんぱく質です。
低脂肪高たんぱくのダイエットにも欠かせない食品です。
また牛肉や豚肉に比べると価格も手ごろな為、庶民の味方の食品だと言えます。

蛋白質は、バストアップに必要な女性ホルモンの一つであるエストロゲンの栄養素となります。
その為、エストロゲンの分泌が増えることで、バストアップ効果が望めるのです。

さらに鶏皮や手羽先には脂肪や良質なコラーゲンが豊富に含まれ、美肌作りにも効果があるのです。バストアップとバストのハリが手に入れられるかもしれませんね。

またキャベツにも豊胸効果があります。
キャベツにはボロンという栄養素が含まれており、このボロンという栄養素がエストロゲンの活性化をはかります。

ボロンは、キャベツをはじめ、りんごやとろろ昆布、なし、大豆など、野菜や果物に含まれ、骨の形成や維持を助ける働きがあります。しかし体内や環境の中にごく微量しか含まれないミネラルですので、意識しながらの食生活でなければ、バストアップ効果が認められるほどの摂取は困難かもしれません。

ある人気女性タレントが、「キャベツを一日一個食べてバストが5センチ大きくなった」というコメントをし、ボロンを含むサプリメントの売り上げが急増しているようです。
真偽のほどはわかりませんが。

ボロンは熱に弱いので、調理をせずに生で食べるのが良いです。しかし生で食べるには量がそれほど摂れませんので、バストアップを期待する方はサプリメントで補う方が良いかもしれません。

食品によるバストアップの方法は、豊胸手術などの方法に比べて大幅なバストアップは期待できません。しかし習慣的に摂ることでバストにハリや弾力が出るなどの自然なバストアップ効果が期待できます。バランスの取れた食習慣に豊胸効果のある食品を多めに摂りいれてバストアップを目指しましょう。

Copyright © 豊胸手術でバストアップ‐お悩み解消‐. All rights reserved