豊胸手術でバストアップ‐お悩み解消‐

豊胸クリーム

プエラリア・ミリフィカは、豊胸サプリメントや豊胸クリームなどの主成分で、バストアップに有効であることは多くの方がご存知だと思います。

プエラリア・ミリフィカは、乳腺を増大させることによってバストアップを図りますが、バストの10%程度の乳腺を増大させるだけの為、大幅な豊胸効果は期待できないのです。

豊胸効果を得るには、バストの90%を占める脂肪細胞を大きくすることがバストアップの近道だと言えます。

しかしバストの脂肪だけを大きくするなんて夢のような物があるのでしょうか?

それが近年の研究で開発された、ボルフィリンという成分です。

ボルフィリンは、ユリ科のハナスゲという植物から抽出したサルササポゲニンを主とするもので、塗った部分の脂肪に作用し、脂肪組織を増大させる効果があります。また一度大きくなると小さくなりにくいと言う女性にとって嬉しい性質もあるのです。

という事は、バストにボルフィリンを塗ることで、バストの脂肪が増大しバストアップの継続が可能なのです。

現在ボルフィリンのバストアップ効果は臨床実験でも証明されており、現在美容業界ではプエラリア・ミリフィカに代わるバストアップ成分として注目されています。

バストアップ=ボルフィリンという考え方になるのももうすぐかもしれませんね。

Copyright © 豊胸手術でバストアップ‐お悩み解消‐. All rights reserved